おすすめ注目レース
■2018年12月19日
全日本2歳優駿(川崎)
ルメール騎手が選んだガルヴィハーラ
全国公営競馬専門紙協会 日刊競馬

【中央所属馬の評価】
 デルマルーヴル、メイクハッピーを蹴ってガルヴィハーラを選んだルメール騎手。昨年の勝ち馬ルヴァンスレーヴと同じ萩原厩舎。プラタナス賞からの出走も同じローテーション。道中の反応などにまだ粗削りな面を残すが、血統面を含め秘めた素質はかなり高いだろう。

 好メンバーの兵庫ジュニアグランプリを制したデルマルーヴル。小回りは克服済み。出遅れ癖がカギになるが、3連勝いずれも豊富なパワーを活かして1頭別次元の脚を使う。現時点での完成度は一枚上で、南関東の馬場も合うだろう。今回はミルコ・デムーロ騎手で、勝ち負けの期待。

 メイクハッピーはクリスチャン・デムーロ騎手。父、全兄は米G1勝ち馬という血統。スタート抜群、好位から抜け出す大人びたレース振り。一貫して左回りのマイルを使い、小回りとナイターの対応だけがカギになる。

 ノーヴァレンダは3戦2勝で唯一の関西馬。全姉ブランシェクールと似た大型馬で、地方の馬場でさらに前進が見込める。既に530キロ台だけに、器用さが要求される川崎コースをうまくこなせればそのパワーが活かせるだろう。

 ショウナンガナドルの2勝はいずれも1200m。逃げ、差しと異なる戦法でセンスの高さは感じるが、2走前にデルマルーヴルに完敗だけに入着級といったところ。

【地方所属馬の評価】
 地方勢の中心は船橋のミューチャリー。鎌倉記念をレースレコードで圧勝。直前のA2クラスが1分34秒8だったことからも、その時計の凄さがわかる。マイナス10キロで激走の反動がないか気になるのと、リンゾウチャネルを物差しにするとデルマルーヴルとは差がありそうな点、強気にはなれない面も。

 北海道2歳優駿の1、2着ウィンターフェルとイグナシオドーロも、JRA勢が手薄だったとはいえ侮れない。イグナシオドーロはマイペースに持ち込み、一騎打ちをギリギリ凌いだ。結果的に着順は2着となったが、今回も徹底先行で活路を見出すだろう。ウィンターフェルは抜け出してソラを使う面あるが、結果的に1着となったが、ゴール前接戦になったのがこの馬の力を引き出した。森泰斗騎手でどういったレースをするか注目。

 北海道のエムオータイショウは【4-1-0-0】の成績でサッポロクラシックカップ、イノセントカップを制しているように、主戦場は短距離。ダートグレード競走でも通用するスピードはあるが、マイルは微妙。

 マイティウォーリアは平和賞で厳しい展開を凌いで3着も、今回はさらに相手が上がるだけに苦戦しそうだ。

 ヒカリオーソは平和賞勝ち馬。ゴール際差し返した根性が見事だった。430キロ台と小柄だが、成長力あるフリオーソ産駒で、本格化するのはまだ先だろう。地の利を活かして善戦期待。

 カネトシテッキンは南関東の重賞で6、11着と相手が揃って苦労している。追って渋太いがそういった展開にはなりそうにない。スズブルースカイは10戦未勝利では…。

【解説者の予想】
 ガルヴィハーラはゴールドアリュール産駒。鞍上の選択もそうだが、新馬、プラタナス賞連勝の勝ちっぷりに相当の素質を感じる。ミューチャリーも鎌倉記念など3連勝の内容が素晴らしい。特に鎌倉記念のタイムは古馬A2を凌ぐタイムだけに、JRA相手でもヒケは取らないだろう。デルマルーヴルの兵庫ジュニアグランプリはパワーあふれる走りで、小回りの園田コースを克服したのは収穫大。まとめて力でねじ伏せる可能性もある。
 2連勝が圧巻のメイクハッピーも大人びたレース振りで、スムーズなレースが出来ればあっさりもあり得る。ノーヴァレンダショウナンガナドルも小回りをこなせれば上位争いが狙える。もつれてウィンターフェルにチャンス。

 ◎ガルヴィハーラ
 ○ミューチャリー
 ▲デルマルーヴル
 △メイクハッピー
 △ノーヴァレンダ
 △ショウナンガナドル
 △ウィンターフェル



※投票の際は、締切間際を避け時間の余裕を持ってご利用ください。


馬単 11→10 10→11 11→5 5→11 11→2 2→11 10→5 5→10 11→12 11→9
[9]ページ先頭へ