おすすめ注目レース
■2019年1月13日
睦月特別(帯広)
課題の障害が良化したゴールデンフウジン
生駒 有輝夫

 決め脚強烈なゴールデンフウジン。課題の障害も安定しており、ここも好勝負が期待できる。持ち前の登坂力を生かせればメジロゴーリキシンザンボーイも勝ち負けに加われる。障害修正可能なミノルシャープの巻き返しも十分。あと、センゴクエースマツカゼウンカイに注意。

 ゴールデンフウジンは昇級してオープンクラスでの一戦となるが、決め脚はここでも上位。障害さえ早目に降ろせれば首位争いに加われる。デキも良く、注目したい。

 メジロゴーリキはここもスンナリと先行できそうな組み合わせで、持ち前の登坂力を生かせる。マイペースで行ければ渋太い馬だし、前走と同じ760キロなら崩れる心配はない。好勝負期待。

 シンザンボーイは重賞で一気に斤量が増加された前走でもひと腰でトップ抜け。結果4着も、内容は良かった。今回は特別条件となるが、極端に時計が速くなることはないし、持ち味を発揮できれば勝ち負けに加われる。

 ミノルシャープは前走障害で膝を折り6着。今回も前走と同じ760キロとなるが、慣れが見込めるし、修正は可能。オープンに昇級してからも差のない走りを続けているように、地力強化が目立つ。巻き返し期待。

 センゴクエースは特別戦で前走のように息を入れることが難しくなるし、トップハンデを背負い厳しい条件でのレース。ただ、力は上位で通る馬。高重量戦後でも疲れはなく、無視できない。

 マツカゼウンカイはオープン1組でのレースとなるが、この相手ならヒケ取らない。テンに置かれる面が解消され、安定して力を発揮できるようになった。注意したい。



※投票の際は、締切間際を避け時間の余裕を持ってご利用ください。


馬単 3→2 3→7 3→6 3→1 3→5 2→3 7→3
[9]ページ先頭へ