おすすめ注目レース
■2019年3月13日
ダイオライト記念(船橋)
また4歳馬!長距離ならチュウワウィザード
全国公営競馬専門紙協会 日刊競馬

【中央所属馬の評価】
 チュウワウィザードは南関東初登場。デビューは3歳2月。自己条件を勝ち上がり前々走の名古屋グランプリで重賞初勝利。続く前走東海ステークスでは後のフェブラリーステークス勝ち馬インティから0.3差の2着と健闘。通算【5-2-2-0】とまだ底をみせておらず、レベルの高い4歳世代でも屈指の素質の高さを持っている。左回り、長距離に不安なく、課題は初のナイターだけ。

 前走の川崎記念で7歳にしてJpn1初制覇を達成したミツバ。オールブラッシュとケイティブレイブの間をこじ開けたレース振りはキャリアの賜物だ。2走前の名古屋グランプリではチュウワウィザードから半馬身遅れたが、当時2キロの斤量差があったが、今回は1キロに縮まった。数字上に加え、今の勢いなら逆転も十分可能。

 川崎記念では最後の叩き合いに敗れたオールブラッシュだが、浦和記念を鮮やかにまくって勝って以降、再び上昇ムードが感じられる。引き続き相性のいい田邊騎手とのコンビ。

 アポロケンタッキーは昨年の2着馬。ムラな成績で掴みづらいが、南関東の左回りに限れば着外なしの【1-3-0-2】。特に船橋コースは1、2、2着と好相性。

【地方所属馬の評価】
 地方勢の中心はサウンドトゥルー。前走の金盃勝ちは道悪に加え先行馬ペースだったにも関わらず、相変わらずの豪脚を披露。実績からも当然で、明けて9歳になるがその実力に陰りは感じられない。初距離になるが日本テレビ盃1、3、2着と船橋適性は高い。

 羽田盃馬ヤマノファイトはダービーこそ7着に敗れたが、秋以降古馬相手でも善戦。報知オールスターカップでは中団からまくり気味に進出し、タービランスとの一騎打ちを競り勝った。ダートグレード競走浦和記念2.0秒差5着。出遅れの不利を巻き返し切れなかった。ここもカギを握るのはスタートだろう。

 ダービー馬ハセノパイロはその後ジャパンダートダービー11着、休み明けの報知オールスターカップ7着と今ひとつのレース続きだったが、前走報知グランプリカップでは復調気配が感じられた。今後を計る意味でも好レースを期待したいところ。

 トーセンマタコイヤはJRA5勝で今回転入初戦だが、ダートグレード競走は初めて。中~長距離適性はあるがダート自体が初めてで手探りの初戦となる。今回休み明けも重なり様子見が妥当か。

 ディアドムスは実績、距離適性はあるが、気性難があり好走はすれども結果が出ない状態が長く続いている。船橋は前走で経験済みだが、ここも後方からどこまで脚を伸ばせるか。

 カンムルも3歳時の活躍からはもどかしい近況だが、休み明けの前走金盃は6着とはいえスローペースを中団から0.7秒差まで迫ったところからも、復調気配が感じられる。

 アサヤケはテンから反応鈍く後方ままの競馬が続いている。8歳馬だけに変わり身は?

 笠松のカガノカリスマはキャリア119戦。ダートグレード競走【0-0-0-4】。力の限界ははっきりしている。

 チェダーは笠松A級だがトップクラスというわけでもない。船橋は昨年のかしわ記念でしんがり負け。2000m以上の距離も未勝利で。

 コスモマイギフトは10歳馬で使うだけのレースが続いているだけに厳しい。

【解説者の予想】
 チュウワウィザードが中心。2500mの名古屋グランプリではミツバを完封。東海ステークスでも後のフェブラリーステークス馬インティと好勝負しての通算【5-2-2-0】なら、V2の可能性が大きい。
 川崎記念を鮮やかに勝ったミツバが強敵。3頭横並びの激戦を最後割って出たレース振り、手応え以上に伸びるしぶとさがこの距離でも生きるはず。名古屋グランプリの逆転も可能。
 復調著しいオールブラッシュもスローが予想される2400mなら、浦和記念の再現も。アポロケンタッキーは読みづらいが、昨年のこのレースでケイティブレイブの単騎を捕まえに行っての2着は好レースだった。
 地方勢ではサウンドトゥルー。どんな展開でも自身の特徴である末脚をしっかり繰り出す。あわよくば一角崩しも可能だ。

◎チュウワウィザード
○ミツバ
▲オールブラッシュ
△アポロケンタッキー
△サウンドトゥルー



※投票の際は、締切間際を避け時間の余裕を持ってご利用ください。


馬単 1→14 14→1 1→6 6→1 1→9 9→1 14→6 6→14 1→4 4→1
[9]ページ先頭へ