おすすめ注目レース
■2019年6月12日
第55回 関東オークスJpnII【指定交流】3歳 牝馬オープン選定馬(川崎)
素質が違うマドラスチェック
全国公営競馬専門紙協会 日刊競馬

【中央所属馬の評価】
 前走リステッドレースの鳳雛ステークスを勝ったマドラスチェック。過去勝利したJRA3勝馬はラヴェリータ、ホワイトフーガといずれもその後牝馬路線の女王となった。芝で勝ち、クイーンカップ0.5差6着の能力と、ダートに転向し2連勝の適性の高さ。前走は同日の1000万を上回るタイムをマーク。父のマリブムーンは全日本2歳優駿に勝ったオーブルチェフやケンタッキーダービー馬のオーブを輩出。

 前走伏竜ステークス3着のラインカリーナは南関東での活躍が目立つパイロ産駒。小倉で500万を勝ち、相手強化の前走も2番手を進み渋太く3着に粘っている。プラタナス賞0.2差3着、カトレア賞0.9差5着とダートの王道路線で勝てないながらも差のないレースをして、地方向きの先行力と終いの粘り腰を持っている。

 ローザノワールはオープンの経験こそないが、前走500万は6馬身差の圧勝。同日の1000万を0.3秒凌ぐ好タイムをマークしている。決め手に欠けるが機動力、そしてスピードあり、すんなりなら押し切ることも十分可能。

 エリーバラードは熊本生まれの九州産馬。中央では勝てず佐賀の九州産限定戦ノカイドウ特別、たんぽぽ賞を連勝。この世代の九州産No.1牝馬ではあるが、タイム的にはその域を出ない。

【地方所属馬の評価】
 地方勢の中心は2冠牝馬トーセンガーネットだ。折り合い不問で距離もこなせる。川崎コースも経験済み。ニューイヤーカップでは後の東京ダービー馬ヒカリオーソを完封。桜花賞は歴代2位のタイム。JRA勢とも兵庫ジュニアグランプリでデルマルーヴル、オルトグラフ、デンバーテソーロに次ぐ1.0差4着の地方馬最先着。2006年チャームアスリープ以来の牝馬三冠を狙える馬。

 アークヴィグラスは東京プリンセス賞2着。そもそもエーデルワイス賞をはじめ昨季の2歳重賞を総なめにした2歳女王でもある。今季はクイーンカップの遠征(2.8差9着)が響いたか、トーセンガーネットの軍門に下っているが、潜在能力は高く、ここで完全復活しても全く不思議ではない。

 リトミックグルーヴは東京プリンセス賞3着馬。キャリア4戦目であることを考えれば、大躍進といったところだが、3代母がエアグルーヴという良血がバックボーンにあると考えれば、それも納得だろう。430キロ台と小柄だが、実戦向きのタイプ。

 桜花賞2着馬ゼットパッションは自在性あるレース巧者だが、2番手を進み終い力尽きた東京プリンセス賞は力負けの感が強い。デキの良さを活かし、ロスなく乗れば入着も。 

 ダバイダバイはローレル賞2着の末脚が光ったが、距離が延びるにつれレース振りがひと息。血統的に距離延長は歓迎なはずで、相性のいい川崎コースで巻き返したい。

 グローリアスライブは前走水沢の留守杯日高賞に勝つも、ダートグレード競走となるとまだまだ敷居が高い感じ。先行できないともろく、ハナが理想。

 キタサンベッキーはデビューから【3-2-1-0】の南関の良血。本格化はまだまだこれからで、現状では距離、相手関係からも厳しいレースになりそう。

 アブソルートクインは1500mで2勝。時計的には平凡でここは挑戦者の立場。

 北海道のタイムゴールドは道営3勝すべて1200m。折り合いがつくタイプと言っても、いきなりの900m延長はさすがに難しいだろう。

 ナインシュヴァハは補欠からの繰上りで出走。さすがに南関1勝馬では厳しい相手。

【解説者の予想】
 鳳雛ステークスを快勝し目下ダート連勝中のマドラスチェックが強い。芝でも高い能力を見せているが、一連のレースからもダートでは一級品の素質を持っている。トーセンガーネットも牝馬三冠を狙えるだけの素質は持っている。
 この2頭を軸に、JRAダート2勝のローザノワールラインカリーナが入着圏内を争う格好になるだろう。南関勢もアークヴィグラスの復調、リトミックグルーヴの良血開花という可能性もあり、JRA勢に割って入る可能性も十分考えられる。

◎マドラスチェック
○トーセンガーネット
▲ローザノワール
△ラインカリーナ
△アークヴィグラス
△リトミックグルーヴ



※投票の際は、締切間際を避け時間の余裕を持ってご利用ください。


馬単 13→6 6→13 13→9 9→13 13→14 14→13 6→9 9→6 13→1 13→3
[9]ページ先頭へ