おすすめ注目レース
■2019年6月20日
第9回 園田FCスプリント重賞2 3歳以上登録馬サラ系3歳以上 定量(園田)
電撃の超短距離戦、スタートに注目!
"全国公営競馬専門紙協会 競馬キンキ 伊藤孝平"

スタートが最もカギを握ると言っても過言ではないこのレース、本命は好枠引いた高知所属の実績馬コスタアレグレ。対するは底を見せていないエイシンセレブタガノカピートタラニスの地元勢。ソルプレーサエイシンエンジョイも発馬と位置取り次第では上位争い可能。

◎ コスタアレグレ…地元高知では重賞勝利を挙げているし、交流グレード戦でも見せ場を作れており実績面は今回のメンバーでは随一。それに加えてJRA所属時は短距離ダート戦で先行して1600万下まで駒を進めた快速馬、この距離への適性も持ち合わせていると推測できる。スタート五分なら一気の押し切りまで。

○ エイシンセレブ…転入してからの2走は様子見的な仕上げに思えたが、それでいて圧巻の逃げ切り連勝。この度は長めをシッカリ負荷を掛けて好時計好反応、上積みを存分に見込める。格下でも能力は一級品、今回は発馬から好ダッシュを見せれそうで一気の載冠まで。

▲ タガノカピート…3走前の重賞は同厩舎同型の勝ち馬もおり思い切り行けなかった印象、それだけにノーカウントと見るべき。近2走は持ち前の先行力をいかんなく発揮して強さ感じる連勝。発馬が速いのでこの距離にも対応できそうで押し切りまで。

△ タラニス…1230メートル戦に出走した前走は不利な大外枠だったが、アッサリ好位に取り付き対応して勝利と能力の高さを感じさせた。更に距離は短縮も格負けしない印象があるし、内枠からソツなく好位で進めれれば上位進出は十分可能。

× ソルプレーサ…高知所属としては前走の1戦のみで勝ちっぷりも平凡だが、元々JRA所属であり短距離ダート戦で軽快な先行力を発揮して3勝を挙げた実績馬。上積みが大きければ十分に間に合いそうで警戒が必要。

× エイシンエンジョイ…前走後は中間は少し間を開けて調整。超短距離戦に出走と考えると少々物足りない攻め内容だが、能力は転入後の圧巻3連勝通り十分足りる。完璧なスタートからハナか2番手には取り付きたいところ。



※投票の際は、締切間際を避け時間の余裕を持ってご利用ください。


馬単 1→12 1→7 1→2 1→5 1→8 12→1 7→1
[9]ページ先頭へ