おすすめ注目レース
■2019年7月9日
第2回 日本海スプリント3歳以上 (東海・北陸交流)サラ系3歳以上 別定(金沢)
スピードで勝るエイシンテキサスが主役!!
"西村 直義"

距離九百だけに序盤の展開次第では波乱の決着もありえるが、能力的にはスピードで他馬より一枚上と見て名古屋のエイシンテキサスを主力視。しかし同じく名古屋のメモリートニック、笠松から参戦のストーミーワンダーハドウホウにも上位争いのチャンスは十分。地元勢では前走徽軫賞で重賞初制覇を果たしたサノラブに期待。

◎は(9)エイシンテキサス。6年前の中央デビュー戦ではダート千二戦を逃げ切り圧勝、その後は一千万下クラスでも勝ち鞍を挙げている快速馬。4年前の地方移籍後は園田、南関、佐賀、岩手、名古屋と渡り歩いた先々でスピードを活かし好走。8歳の昨年も園田FCスプリントを同着で制し、今年も名古屋で2勝を挙げるなど衰え知らずの活躍を見せている。

○は(1)メモリートニック。中央での1勝は福島ダート1150mを逃げ切り。2年前の東海移籍後も勝負強い先行力を武器に重賞での好走も多数。2走前の東海クラウンでは逃げたエイシンテキサスを好位から捉え快勝。今回もスンナリ行き切れば押し切りまであっても。

▲は(4)サノラブ。今春の当地復帰後は距離や展開の影響で不発が続いていたが、自分の競馬に持ち込んだ前走徽軫賞で改めて実力を証明した。その後はここに向け順調に調整されており仕上がりは万全。中央時には1000m戦でも好走歴があり距離短縮も問題なさそう。

△は(3)ストーミーワンダー。中央では3戦未勝利ながら東海移籍後13勝、取り消し明けの前走飛山濃水杯勝ちを含めメモリートニックにも分が良い成績を挙げている。2年前笠松での800m戦勝ち以来となる短距離戦だが、対応できれば好勝負は可能。

注は(6)ハドウホウ。昨年のこのレースでは、極端に内有利だった馬場で外から力強く伸び9番人気の低評価ながら2着と健闘。近走も崩れず堅実に駆けており、ここも揉まれずスムーズなら一発あっても驚けない。



※投票の際は、締切間際を避け時間の余裕を持ってご利用ください。


馬単 9→1 1→9 9→4 9→3
[9]ページ先頭へ