オッズパークTOP > 地方競馬TOP > 地方競馬予想ブログ > ばんえい競馬情報局 > 今週の見どころ(6/1~6/3)

今週の見どころ(6/1~6/3)

2019年05月30日

 6月2日(日)のメインには、大雪賞が組まれています。ここから次開催に行われる重賞・旭川記念に向かう馬もいるだけに注目のレースになりそうです。
 同じく2日には、複合型場外発売場・サテライト石狩にて、『サテライト石狩15周年ファン感謝祭』が行われます。ふれあい動物園でのばん馬とのふれあいや、歌謡ステージ、石狩屋台大集合など、さまざまなイベントが予定されています。お近くにお住いの方は足を運んでみてはいかがでしょうか。

今週のイベントはこちら

【第4回開催1日目】
 6月1日(土)のメイン第10レースは、黒岳特別(B1級-2組・20:10発走予定)
 出走馬9頭中7頭が5月19日(日)のB1級-2組で対戦。1着アアモンドヒューマ、2着ライデンティダ、3着プレザントウェー、4着ココロノタカラという結果。その4頭は翌週27日のB1級-1・2組決勝戦と2走使いされ、今回の出走馬では、ライデンティダが最先着の4着で、ココロノタカラが5着、プレザントウェーが7着でした。
 ◎オオゾラシンスケは、その前走B1級-2組を5着。ゴール手前で失速しましたが、障害ひと腰先頭通過から勝ち馬とは4秒8差なら上々の内容といえるでしょう。昇級2走目と上積みもあるだけに今回こそ逃げ切りに期待です。
 ○ライデンティダは、前述のとおり前開催では2走して、ともにメンバー最先着の2、4着。前半置かれる面があるだけに道中の位置取り次第では、末脚が届くシーンまであるでしょう。
 ▲ショウヘイは、前開催では、B1級-1組平場戦(8着)、B級選抜の特別戦・スーパートレーナー賞(8着)と2走使いされました。前走は、第1障害で置かれた分リズムを崩して差のある敗戦。障害力はあるだけに早めにクリアできれば好勝負になるでしょう。
 △ココロノタカラは、前走より相手関係も楽になっているだけに上位争いに期待です。

【第4回開催2日目】
 6月2日(日)のメイン第10レースは、大雪賞(オープン混合・20:10発走予定)。オープン馬はカネサスペシャル、コウシュハウンカイが回避し6頭、A1級はサカノテツワン、コウリキの2頭で、8頭立ての一戦です。
 ◎ミノルシャープは、前走エメラルド特別(オープン)では、障害をすんなりとひと腰通過から押し切っており、完勝といえる内容でした。前走から基礎重量が10キロ増になりますが、同じ前走で2、3着のメジロゴーリキ、センゴクエースが次週のスタリオンカップに出走予定のため不在。相手関係に恵まれただけに連勝が濃厚です。
 ○マツカゼウンカイは、前走A1・A2級決勝混合戦では、障害で手間取り大敗と案外の結果。しかし、ここでは力量上位の存在で、前半の位置取り次第では首位争いを演じるでしょう。
 ▲コウリキは、同じ前走を障害ひと腰から逃げ切る強い競馬で勝利。今回は格上との混合戦になりますが、決め手は上位だけに障害をスムーズに越えられれば好勝負になるでしょう。
 △アサヒリュウセイは、前走エメラルド特別では差のある敗戦。しかし、昇級初戦で相手も揃っていた点は否めません。今回は相手緩和で前進が期待できます。

【第4回開催3日目】
 6月3日(月)のメイン第10レースは、旭岳特別(B1級-1組混合・20:05発走予定)
 ◎カイシンゲキは、前走スーパートレーナー賞(3歳以上B級選抜)では、軽量馬が引っ張る速い流れに追走で脚を使ったため、終いに失速し、勝ったオールラウンダーから23秒5差の10着に敗れました。今回はB1、B2級の混合で相手は強化しますが、最大50キロ差のトップハンデを課されていた前走ほど、展開面は厳しくならないはず。元オープン馬と地力は上位の存在だけに巻き返しに期待です。
 ○オールラウンダーは、同じ前走を障害ひと腰から逃げ切る強い競馬で勝利。5戦連続連対中と充実ぶりもうかがえるだけに相手強化でも好勝負が期待できます。
 ▲ギンノダイマオーは、とかち皐月賞(3歳オープン)は3着でしたが、上位2頭とのハンデ差(30キロ)を考慮すればまずまずの内容。今回は自己条件に戻り、年上馬との対決になりますが、能力では見劣らないだけに初の640キロに対応できればチャンスは十分にあるでしょう。
 △ゴールデンフジは、前走B3級-1組平場戦を勝利し、今季3戦2勝、3着1回。昇級初戦で格上馬との混合戦と条件は厳しくなりますが、好調ぶりが目立つだけに警戒は必要です。

←前ヘ 次ヘ→
記事一覧

[9]予想ブログTOP
[0]TOPへ