オッズパークTOP > 地方競馬TOP > 地方競馬予想ブログ > テシオブログ > 10日メインはB1特別・ねむの木賞。水沢コースに替わってスカイサーベルが首位を奪回する

10日メインはB1特別・ねむの木賞。水沢コースに替わってスカイサーベルが首位を奪回する

2019年06月09日

先週2日、盛岡ダート1000mを舞台に「第4回早池峰スーパースプリント」(M2)が行われ、単勝1番人気に支持されたサインズストームが見事な逃げ切りを決め、8馬身差で圧勝。コースレコードを更新し、人馬ともうれしい初重賞を獲得した。

岩本怜騎手「最初は2、3番手に付けるつもりでしたが他の馬があまり先行争いに加わってこなかったので、それなら行ってしまおうかなと。3~4コーナーは若干抑えながら行く余力がありましたし、直線もしっかり伸びてくれました。自分の初めての重賞勝利なのでとても嬉しいですし、この馬で3連勝できたのも嬉しい。レコードタイムで自分の名前が残せたこと、同期達よりも早く重賞を勝てたのも嬉しいですね。これからもサインズストームと一緒に頑張っていきますので、応援よろしくお願いします」

内に逃げ馬がいても強気に行き切ったのが最大の勝因。岩本怜騎手の積極的なレースが功を奏した。松中みなみさんが"令和は岩本怜騎手の時代になるかもしれませんね"と称賛した。

続く3日はせきれい賞トライアル準重賞「第22回かきつばた賞」(盛岡芝2400m)は5番人気コスモリョウゲツが3コーナー手前からスパート。マイネルスカイとの競り合いを制し、こちらも人馬とも初タイトルを手にした。

小林凌騎手「準重賞ですが、初タイトルでしたから思わずガッツポーズが出てしまいました。思った以上にゲートの出が良かったんですが、初の2400mでしたから折り合いを重視。前半は、できるだけ楽に走らせることを意識して乗りました。3コーナー手前から仕掛けましたが、もう少し我慢しても良かったかなと。最後詰め寄られましたが、馬に助けられました」

インタビュー後、小林凌騎手はこう語った。「岩本騎手に先を越され、おめでとうと言う気持ちと自分の歯がゆさが入り混じり複雑な気持ちでした」

現在、小林凌騎手22歳、岩本怜騎手18歳。今回の優勝が岩手へ新風を吹き込んだのは間違いない。

10日メインはB1特別「ねむの木賞」(水沢1600m)。どの馬が勝っても不思議がなく、実力伯仲のメンバーがそろった。

本命にスカイサーベルを推す。昨年、A級戦を快勝し、今季はB2へ降格。取りこぼしもあるが、2勝2着1回3着1回。

前走は3着に敗れたが、4角で早め先頭。最後は決め手勝負に屈したが、これはコース適性の差もあったはず。水沢に替わって首位を奪回する。

ケルヴィンサイドは目下2連勝中。高松亮騎手の好騎乗も後押しした。小回り水沢対応がネックだが、決して苦手コースではない。今の勢いなら突破も十分可能。

ハグラーは南関東2勝・C3から転入。C2編入にも恵まれたが、圧巻の5連勝。前走・メイカップでは1800mも克服し、上昇一途。岩手の水が合った。

ウインカルナヴァルは中央未勝利から転入後、馬券対象から外れたのは4走前・エイプリルカップ4着のみ。他はオール連対と抜群の安定感を誇っている。前走もB1昇級戦も軽く突破。成長ぶりが目覚ましい。当然だが、上位争いの一角を形成する。

プラトンイミシャンは前走6着に終わったが、外枠に敗因を求めたい。内で脚を貯めると直線で確実に台頭。その意味で絶好の1番枠を引き当てた。

ウインルーカスは今季初戦2着以降は精彩を欠いているが、今回は地元B1馬が相手。反撃の余地は十分ある。

◎(7)スカイサーベル
〇(3)ケルヴィンサイド
▲(2)ハグラー
△(4)ウインカルナヴァル
△(1)プラトンイミシャン
△(8)ウインルーカス


<お奨めの1頭>
6R ネイチャーモルサム

転入初戦は絶好の手ごたえだったが、最後の伸びがひと息で2着。しかしコンビ2度目なら関本騎手も手のうちに入れたはず

この予想印で投票
←前ヘ 次ヘ→
記事一覧

[9]予想ブログTOP
[0]TOPへ