オッズパークTOP > 地方競馬TOP > 地方競馬予想ブログ > テシオブログ > ジュライカップ/距離短縮ならコンバットパンチの舞台だ

ジュライカップ/距離短縮ならコンバットパンチの舞台だ

2019年07月01日

★重賞 栗駒賞/岩手復帰のラブバレットが4連覇達成

 6月30日に水沢競馬場で行われた『栗駒賞』はこれが岩手復帰戦となったラブバレットが1番人気に応えて優勝。自身は昨年の道営スプリント以来の重賞勝利を挙げると共に、栗駒賞を4連覇という偉業を達成しました。

190630-001s.jpg

 レースは序盤からラブバレットと2番人気サインズストームの一騎討ちの様相。3コーナーあたりまでは併走していた2頭ですが外から攻めたラブバレットが交わしにかかるとそこからは力の違いを見せつけます。最後は4馬身引き離してのゴールは従来のレコードに0.3秒まで迫る高速タイム。そして2着を守り切ったサインズストームと3着馬との差は10馬身にまで開いており、2頭の戦いが、そして勝ったラブバレットの走りがいかにハイレベルだったかを現していました。



 水沢開催最終日となる7月1日、メインレースは12Rの特別『ジュライカップ』です。依然として「超」高速決着が続いていた水沢競馬。下級条件のレースでもレコード目前のタイムが出ることが珍しくなく、そんな馬場状態・コース傾向への適性、対応力がカギになるのはここまでと同様です。
 このジュライカップは(3)サンエイスターダムが出走取消となっています。当初と若干予想を変えて掲載します。

 ジュライカップの本命は(9)コンバットパンチを狙います。直近の2戦は掲示板を外す結果になってしまいましたがそれはマイルという距離の影響によるものでしょう。マイルもそれなりにこなしてはいますがキャリアで勝ち星は無く、やはり好成績なのは1200~1400mの範囲。その点で今回の1300mという距離は力を出しやすい条件でしょう。前残り馬場はやや不利ですが外枠から早めに動ければ勝機はあるはず。


 相手は(8)ホッコーマグニートを。こちらは1000m戦を使いながら勢いを付けてきました。前走は内目の枠が災いして流れに乗れませんでしたが今度はもっと楽に戦えそう。3番手は(6)クラシコテーラー。この馬も短距離でのスピードはメンバー中上位と言えるものを持っています。やや勝ち切れない所があって強気になりづらいですが、地力を活かし切る形に持ち込めば前走以上の結果もあるのでは。


 穴的な一頭なら(5)パルティーレはどうでしょうか?これで意外に今の水沢のコース状況を苦にしていないですし、前走くらい動けるならここで大きな差は無いと見ることも可能。(7)マジョリティーは同型になる可能性があった(3)が不在になって展開が向きそう。そのチャンスを活かせれば。

●12Rの買い目
馬単(9)=(8)、(9)=(6)、(8)=(6)、(9)→(5)、(9)→(7)

岩手競馬の全レース予想を公開中!「岩手競馬・勝ちそーチャンネル」へ


←前ヘ 次ヘ→
記事一覧

[9]予想ブログTOP
[0]TOPへ