重賞レース&ダートグレード競走特設サイト

【予想】2019年 北海優駿(ダービー)|地方競馬ならオッズパーク競馬

6/19 第47回 北海優駿(ダービー)(門別)
今回の結果予想情報出走馬情報過去のデータ

★キャンペーン

■レースの狙い

リンゾウチャネルは今回の顔ぶれなら力量的に断然で、二冠達成濃厚とみてよさそう。相手は混戦だが、北斗盃5着でもしぶとく差を詰めてきそうなリンノレジェンドを筆頭に取る。シベリアンプラウドも素質上位で前走後の上積みにも期待できそう。ジョウランは展開次第だが、今回も主導権を取っての粘り込みには警戒が必要だ。穴は堅実に差を詰めてきそうなミスシェーンハイト。

出走表


■北海優駿(ダービー) 地方競馬専門紙 予想

北斗盃馬リンゾウチャネルが二冠制覇へ

【結論】今年は他地区から参戦する馬がいなくて北斗盃の再戦となった。ならば、その北斗盃で2着に3馬身差をつけて優勝したリンゾウチャネルに逆らう手はない。A3下の古馬を圧倒した前々走も強いの一語。3歳の定量戦なら2冠制覇が濃厚。  (詳しくはこちら)

おすすめ買い目

馬単 8→7 7→8 8→2 8→4 8→10 8→5


[0] ページ先頭へ
■過去のデータ

≪過去の傾向≫

過去5年の結果をみていく。1番人気馬は2勝しているが、2着と3着はゼロ。5番人気以下の馬が1~2頭連対しており、昨年は8→9→7番人気の順で入った。連対馬10頭のうち9頭が通算3勝以下で、例外は一昨年に岩手から参戦して勝利したベンテンコゾウだけ。北斗盃で3~8着だった馬が1頭以上連対(4年前のみ2頭)しているのも特徴的だ。ここまで10~12戦を消化していた馬が3着以内に1~2頭入線(3年前のみ2頭)。ゼッケン1~5番で連対したのは2頭だけと、外枠優勢の傾向もある。

過去
予想情報
レース名 勝ち馬
2019年
予想情報
第47回
北海優駿(ダービー)
リンゾウチャネル
2018年
予想情報
第46回
北海優駿(ダービー)
カツゲキジャパン
2017年
予想情報
第45回
北海優駿(ダービー)
ベンテンコゾウ
2016年
予想情報
第44回
北海優駿(ダービー)
スティールキング
2015年
予想情報
第43回
北海優駿(ダービー)
フジノサムライ
2014年
予想情報
第42回
北海優駿(ダービー)
ヤマノミラクル
2013年
予想情報
第41回
北海優駿(ダービー)
ミータロー
2012年
予想情報
第40回
北海優駿(ダービー)
ニシノファイター

[0] ページ先頭へ
▼メニュー
┣[1]トップ
┣[2]年間スケジュール
┗[3]オッズパークトップに戻る