レース展望・予想
■2019年07月17日
充実一途ヤマニンフレッチェ「浜木綿特別」(笠松競馬)

7月17日(水)の笠松競馬メイン第12レースは「浜木綿特別」(B級1組、笠松競馬場1400メートル)。

上位馬の評価差わずかで激戦Vバトルが予想される。しかし中心は充実一途の◎2 ヤマニンフレッチェ(牡4、森山英雄厩舎)だ。3月のC級11・14組から7戦連続連対中。上々のスタートを切って好位からレースを巧みに運んで、しかも末脚がしっかり伸びる。競馬がうまいから、当然のように成績が安定する。前走は初めてのB級戦で、しかも粒ぞろいの2組に入ったが、楽々とクリア。いつも通り好位キープから直線鮮やかに差し切った。しかも1400メートルの自己ベストタイムを更新する値打ちのある走りでもあった。距離は引き続き1400メートル。中間ムード上々とあれば、強敵ぞろいの1組特別での期待は当然だ。

逆転候補は多いが、軌道に乗ってきた○9 アリュールベルン(セン4、笹野博司厩舎)がその筆頭。転入当初はスタートの出遅れが影響して力を出し切っていなかったが、5月のC級3組戦での逃げ切り快勝を契機に3戦連続連対。前走のB級4組も2番手から好時計で抜け出すなど、ゲートの不安はなくなった。ここも流れに乗れれば、加速した勢いでクリア十分。

復帰戦だった前走1組で、勝ち馬から2秒3差離され、内容ひと息だった▲10 サウスアミューズ(牝4、川嶋弘吉厩舎)。負けすぎた感はあるが、休養前には1組特別を2連勝している実績上位馬。変わらず軽めの調整で上昇度は少なそうだが、ひと叩きされ、変身があっても驚けない。

ともに鋭い決め脚を持つ△4 マイネルプラヌール(牡5、花本正三厩舎)、△8 バレンティーノ(牝4、尾島徹厩舎)は、差し馬向きの展開と馬場になるかがポイント。

<おすすめの買い目>  この買い目で投票

馬単(マルチ) 2⇔4・8・9・10(8点)
3連単(フォーメーション) 2→4・8・9・10→4・8・9・10 4・8・9・10→2→4・8・9・10(24点)

(文/中部地方競馬記者クラブ)

[9]ページ先頭へ
※投票の際は、締切間際を避け時間の余裕を持ってご利用ください。
※掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。詳しくは、オッズパークの免責事項をご確認ください。