ピックアップ
■2018年06月22日
【競馬】「岩手県競馬組合からのお知らせ」〔重賞〕ウイナーカップ みどころ

平成30年6月22日

重賞 ウイナーカップ みどころ
~ 平成30年6月24日(日) 水沢競馬場 18時10分発走 ~

岩手県競馬組合

水沢1400m重賞「第42回ウイナーカップ」の枠順が確定しました!
牝馬ながら実績No1。重賞・金杯、牝馬交流・留守杯日高賞2着が光るスターギアは2枠2番
冬場に南関東で揉まれて帰郷。スタート決めて初重賞制覇を狙うサンエイスターダムは6枠6番
北海道2勝、南関東1勝、岩手2連勝。課題は距離克服のみダンストンラソは8枠9番
逃げ一辺倒から一皮むけて前走2着。水沢1400m2戦2勝ブレシアイルは3枠3番!!
 6月24日(日)、水沢1400mを舞台に行われる「第42回ウイナーカップ」(M3)の枠順が確定しました。
 前開催の岩手ダービー・ダイヤモンドカップが岩手クラシックの王道に対し、ウイナーカップはスピード馬が活躍する場。今後の3歳重賞・ハヤテスプリント(盛岡ダート1200m)、3歳準重賞・イーハトーブマイル(盛岡ダート1600m)にもつながる一戦です。
 スターギアは北海道2勝2着3回から昨年10月に転入。地元重賞・寒菊賞、金杯でチャイヤプーンの2着を確保してシーズンを終了。今季は牝馬路線を歩み、あやめ賞優勝から3歳牝馬交流・留守杯日高賞2着。勝ったエグジビッツは今年の“GRANDAME-JAPAN2018”3歳シーズンで総合2位に入りましたから、レベルは推して知るべし。スターギアの健闘が光りました。再び牡馬相手となりますが、昨年実績はむしろ上位。距離も望むところです。牡馬を一蹴し、岩手版オークス・ひまわり賞へ弾みつけたいところでしょう。
 サンエイスターダムは岩手3勝から冬場に南関東へ移籍。初戦を2着にまとめました。続く一戦8着から帰郷し、4戦未勝利ですが、2着1回3着2回。毎回上位争いを演じています。勝ち星3勝とも水沢戦でマークと、コース歓迎。前走3着は出遅れもこたえたもので度外視。スタートさえ決めれば初タイトル獲得も夢ではありません。
 ダンストンラソはハイレベル地区・北海道2勝、南関東1勝なら転入2連勝も納得の結果。短距離適性の高さを証明しました。課題は1400mへの延長。過去4戦とも大敗を喫しており、距離が不安ですが、自分の競馬に徹すれば克服十分。勢いに乗って3連勝を飾るか注目です。
 ブレシアイルは昨年、同じ水沢1400mで行われた2歳重賞・ビギナーズカップを優勝。今シーズンは勝ち星はありませんが、逃げ一辺倒から控える競馬ができるようになったのが収穫。定量56キロで走れることも見逃せません。
 シグラップアモーレは北海道2勝、南関東2着1回から昨年10月に転入。当初は条件が合わず苦戦を強いられましたが、短距離に活路。前走・水沢1300m戦で待望の岩手初勝利を飾りました。これで弾みがついたのは確実。
 他にも中央から転入初戦で鮮やかな直線一気を決め、2戦目は一転、逃げ切り圧勝したタイセイターゲット、昨年7月以来の実戦ですが、1戦1勝・未完の大器サンエイキャピタル、岩手初戦で出遅れながらも直線鋭く伸びてきたドゥルガーなども侮れず激戦必至。
 「第42回ウイナーカップ」の発走は24日、18時10分。3歳優駿によるスピード決着にご注目下さい。

[9]ページ先頭へ