ピックアップ
■2018年11月02日
【競馬】「岩手県競馬組合からのお知らせ」〔重賞〕第8回絆カップ(M2) みどころ

平成30年11月2日

重賞 第8回絆カップ(M2) みどころ
~ 平成30年11月4日(日) 盛岡競馬場 18時10分発走 ~

岩手県競馬組合

今シーズンの盛岡開催フィナーレを飾る重賞「第8回絆カップ」の枠順が確定しました!

みちのく大賞典、青藍賞を制覇。岩手の王道をまい進するエンパイアペガサスは1枠1番
道営スプリントでラブバレットに首差まで肉薄。マイルも克服メイショウアイアンは5枠5番
羽田盃5着、東京ダービーにも出走の貫録を見せつけて初戦完勝グランユニヴェールは7枠7番
中央4勝、岩手2勝はすべて左回り。典型的なサウスポー・ニットウビクトリーは8枠8番!!

11月4日(日)、盛岡ダート1600mを舞台に行われる地方競馬全国交流「第8回絆カップ」(M2)の枠順が確定しました。昨年はタイセイファントムが移籍初戦でラブバレットを完封。中央オープンの底力を見せつけて初重賞を飾りました。

 今年注目はエンパイアペガサス。今年4月、オグリキャップ記念(笠松)圧勝の勲章を引っ下げて南関東から再度里帰り。岩手最高峰の一戦「一條記念みちのく大賞典」2連覇の偉業を達成しました。続くマーキュリーカップ(JpnIII)は7着に終わりましたが、青藍賞でベンテンコゾウとのマッチレースを制して完勝。マイル以上の岩手No1を確定させました。今回は2ヵ月近くレース間隔が開きましたが、乗り込み量に不足なし。今後のビッグレース・北上川大賞典、桐花賞をにらみ、満を持して出走します。今回は北海道から2騎が参戦し予断を許しませんが、青藍賞の強さをもってすれば迎撃十分。岩手王者の貫禄を見せつけてくれそうです。
 メイショウアイアンは京都ダート1400m4勝・準オープンから北海道へトレード。3戦2勝からクラスターカップ6着。続いて道営スプリントへ臨み、ラブバレット相手に直線猛追。クビ差2着に惜敗しました。勝ち星は全て1400m以下のみですが、脚質からはマイルも問題なさそう。コース2度目もプラス材料でしょうから逆転首位まで。
 グランユニヴェールは南関東デビュー2戦目から3連勝をマーク。ハイセイコー記念、京浜盃2着などで南関東クラシックへ挑戦。羽田盃5着から東京ダービーにも駒を進めました。
 ただ2歳9月以降は勝ち星から遠ざかっていましたが、転入初戦で久々の勝利を飾って上げ潮ムードは確実。格不足はまったくなく、ここに照準をピタリと合わせました。
 ニットウビクトリーは中央4勝をすべて東京ダート戦で稼ぎ、移籍後も盛岡4戦2勝2着2回と連対パーフェクト。典型的なサウスポーと判断していいでしょう。盛岡開催も今シーズン最後。掉尾を飾るべく、あえて連闘で臨んできました。
 タイセイバンデットは昨年5月、長期休養を経て北海道入り。4勝をマークし、うち重賞2勝と秘めた素質が開花しました。今季は始動が遅れ、初戦3着以降は精彩を欠いていますが、1600mで気分一新。反撃を狙っています。
 ほかに前走で直線一気を決めて古豪健在を誇示ハイパーチャージ、堅実無比ユイノムテキなども上位を狙って虎視眈々。
 今シーズン盛岡開催のフィナーレ重賞「第8回絆カップ」の発走は4日、18時10分。薄暮開催を締め括る重賞レースにご注目下さい。

[9]ページ先頭へ